ブログ

第39回 「 介護保険、階段昇降機、リフト等最新ニュース 」
~②国際福祉機器展のポイント~

投稿日:2015年 10月 13日

こんにちは、福祉スタジオ東京営業所新原です!
本日は10月12日水曜~14日金曜に東京お台場のビッグサイトでで開催された
国際福祉機器展について記事を書かせて頂きたいと思います。
国際福祉機器展
国際福祉機器展は一年に一度、介護福祉に関わる機器、用品の最新商品が一堂にかいする展示会です。
展示会中は制度についてのセミナーなど多様なイベントが催されます。
https://www.hcr.or.jp/
当社も機器、用品の最新動向把握の為、スタッフが毎年参加しています!
今年も多くの新商品の展示がありましたが、特に気になったカテゴリーは、
・ロボット商品
・アクティブシニア向け商品
・システム商品
・モビリティ商品
・アナログ商品
・特殊な病気に対応した商品 等
です。
-ロボット商品-
あらゆる業種で躍進しているロボット関連の商品ですが、介護業界でもそれは同様です。
移動を支える自助具や車いすのロボット化商品から、排泄を全自動サポートするロボットまで様々です。
開発されたばかりの商品は販売価格が高止まりせざるをえないものも多くありますが、
ニーズとマッチして普及が進めば、便利なロボットが比較的安価に一般家庭に普及し、
介護を必要とする方の生活がより自立し、便利になっていくと思います!
-アクティブシニア向け商品、モビリティ商品-
国の推進もあり、今後アクティブシニアの病気や老衰の予防、機能回復を含めたリハビリ、
アクティブシニアのニーズに合わせた商品のリリースがより多くなってくると思います。
ここのカテゴリーではより多様なニーズ、嗜好性をポイントに商品開発が行われているようで、
個人的には毎年沢山の新商品が発売される健康食品や、歩きながら尿漏れ対応できる
小規模な尿タンクなどがきになりました。
当社の取り扱う階段昇降機も、バリエーションが増加していました!
-システム商品-
業務効率化、ひいてはよりホスピタリティの高い高齢者施設の運用や在宅での見守りなどは
システムの導入も欠かせないポイントです。
特に今やほとんどの人が持っているスマートフォンと連動した介護、見守り、事故の予防、
介護情報の共有が可能になります。
介護負担を軽減することも、福祉用具、機器の大きな役割です。
-アナログ商品-
アナログ商品のバリエーション増加も欠かせないコンテンツです。
例えばいかに介護環境がロボット化、システム化しても、
在宅環境を支える家具、什器の多くはアナログな商品のままである場合が考えられるからです。
展示商品の中に、円卓を分割し、要介護者様が座るテーブルごとに高さを調整でき、
全ての人が食べやすい最適な高さのテーブルで食事ができるという商品がありました。
介護にかかわる企業として、
今後も情報収集、情報配信に努めたいと思います!
本日は以上になります!
最後まで読んでいただいてありがとうございます!
福祉スタジオ東京営業所新原


「 階段昇降機導入の基礎知識 」
~⑦階段昇降機レンタルと介護保険福祉用具レンタル~

投稿日:2015年 10月 5日

こんにちは、福祉スタジオ東京営業所新原です。
本日は階段昇降機のレンタルと介護保険の関係について
ブログを書かせてもらいたいと思います。

介護保険の中には福祉用具貸与と言う在宅サービスがあり、
介護保険の要介護認定を受けて要介護もしくは要支援の認定が降りると、
その福祉用具貸与のサービスを受けることが可能になります。

福祉用具貸与とは在宅で生活を継続するときに必要な機器や道具用具を、
保険適用の項目について、本来の貸与価格の1割もしくは2割負担で利用が
可能になると言う制度です。

福祉用具貸与の項目には、13の項目があり、
車いす
車いす付属品
特殊寝台
特殊寝台付属品
床ずれ防止用具
体位変換機
手すり
スロープ
歩行器
歩行補助杖
認知症老人徘徊感知機器
移動用リフト自動排泄処理装置
があります。

これらの項目については保険対象となっていますが、
例えば要介護認定に該当しない方、要介護認定を受けていらっしゃらない方でも
福祉用具や設備、機器を必要とする方はいらっしゃいます。

そういった方々のために保険対象以外の福祉用具や機器を販売店や代理店などが
独自に行っているレンタルサービスがあり、そのサービス内容やレンタル項目、
価格等は販売店や代理店に寄ります。

当社でも階段昇降機につきまして独自のレンタルサービスを行っております。

~対象となる階段~

レンタルの対象となるのは屋内直線階段、屋外直線階段用階段昇降機の
2パターンの階段昇降機のみとなっております。
これは直線階段用階段昇降機のみが階段昇降機として転用が可能で、
曲線階段用階段昇降機につきましては蹴上踏面、曲線の角度や階段形状が
お宅によって異なるため、転用が難しいことが理由です。

~レンタルすべきか、購入すべきか~

階段昇降機を導入される際にレンタルにするべきかまたは購入するべきかというご相談が多くあります。
階段昇降機のレンタルは屋内型、屋外型により価格は異なるため一概に言えませんが目安としては2年使われる場合でしたら購入した方が価格としては安くなる傾向にあります。
例えば半年や1年の短期的な利用の場合レンタルの方が総額が抑えられる可能性もあります。

導入の最適な形態につきましては、各営業スタッフがご相談に乗らせていただきますのでご一緒に検討させていただければと思います。

お気軽にお問い合わせください

以上になります。
最後まで読んでいただいてありがとうございます!

福祉スタジオ東京営業所新原


夏期休業のお知らせ

投稿日:2015年 8月 12日

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、2015年8月13日(木)~8月16日(日) の期間を夏期休業とさせて頂きます。
8月12日(水)まで通常通り営業いたしております。
又、8月17日(月)より通常業務を再開させて頂きます。

 
休業期間中に頂きましたFAX・メールへのご返答は、順次行ってまいります。
ご返答までに少しお時間をいただく場合がございますことを、予めご了承下さい。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

 
東京営業所新原
(お問合せは 「階段昇降機の福祉スタジオ」フリーダイヤル 0120-360-730)


1 2 3 4 5 6 7 8

このページの先頭へ