ブログ

階段昇降機の工事

投稿日:2015年 12月 21日

こんにちは、階段昇降機の福祉スタジオ東京営業所新原です。

 
本日、本社のある広島ではあいにくの雨模様ですが、階段昇降機の工事は、雨でも通常通り行いますので問題はありません!

 
サッカーのクラブワールドカップ、3位決定戦ではサンフレッチェ広島が見事勝利し、大会3位を勝ち取りました!広島の皆さん、応援していた皆さん、おめでとうございます!サンフレッチェに負けないように、福祉スタジオでも階段昇降機の普及に努めたいと思います。

 
本日は階段昇降機の工事についてブログを書かせていただきたいと思います。

 
階段昇降機の設置は、工事が必要です。

工事の手順としては、部材の搬入、荷解き、部材の確認、部材の仮置き、階段踏み面への固定、本体の組み立て設置、確認走行、お客様への使用方法を説明、片付け撤収と言う流れです。

 
階段の蹴上は必ずしも均等ではなく、事前の現地調査の場合に計測を行って、それに基づいてレールの角度を決定します。レールの角度を計測し、綿密な寸法からレール製作を行うのですが、工事当日、レールを仮置きした場合に、特に曲線階段の階段昇降機の場合に、角度の調整が重要となってきます。
工事につきましてはご家庭に駐車場がある場合はそちらを利用させていただくことがあります。

 
工事には概ね1名から2名で伺い、工事の時間としてはほとんどの場合、いちにちで全て完了する場合が多いです。

 
階段昇降機のレールを設置する場合にボルトを階段の踏面に固定するため、少し騒音が発生します。

音が発生する工事は階段昇降機の場合、工事の中のボルト固定の部分だけですので、音がそれほど大きくないこともあり、音が出る時間が短いこともあり、現在までのこうじでは苦情などは出ていない状況にあります。

 
階段昇降機の設置工事としては以上であり、ここに記載させていただいた内容からもわかるように、階段昇降機の設置自体は軽微な工事であり、時間的騒音的なご負担は比較的少なく抑えられると言えます。

 
階段の材質は木、鉄骨、鉄筋コンクリートなどでも設置が可能で、材質にかかわらず階段昇降機の設置は可能となっています。一般家庭の場合、木の階段が多いです。

 

本日はたくさんのお問い合わせをいただく、階段昇降機の工事についてのご説明をさせていただきました。

 
階段昇降機は短い時間で設置できますのでぜひご検討いただければと思います。
本日のブログはこれで以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 
階段昇降機の福祉スタジオ東京営業所新原


階段昇降機の保守点検

投稿日:2015年 12月 7日

こんにちは、階段昇降機の福祉スタジオ東京営業所新原です。
2015年も残るところあと1ヵ月になりました。
最後まで階段昇降機の普及に会社をあげて努めたいと思います。
本日は階段昇降機の保守点検についてお話ししたいと思います。

 

当社が扱う階段昇降機には1年のメーカ保証が付いています。
つまり1年間は故障や保守の心配がないと言うことです。
故障があれば保証されます。
では、保証期間の1年を過ぎた後例えば故障があった場合にはどうしたらいいのか。
それは当社の行っている保守点検のメニューからサービス内容を
選んでいただければと思います。ほとんどの場合購入時から
この保守点検メニューに入っていただいています。

 

ただし、保守点検下のご加入は任意ですので加入、
未加入どちらかは選んでいただければと思います。

 

保守点検には4つのメニューがあり大きく分けると単発での保守対応を行う
エコノミーコース、ベーシックコース、通年での保守点検を行う
セイフティーコース、プラチナコースの2つがあります。
コースによって価格やサービス内容が異なります。

 

エコノミーコースはご連絡をいただいてからの保守点検となり、
保守基準連合箇所の点検、点検後3ヶ月の保証が主なサービス内容となります。
このコースでは例えば部品の交換が必要になった場合には
部品ごとの費用を全て別途いただく必要が発生します。

 

ベーシックコースは同じ様にご連絡をいただいてからの保守点検となり、
油類流布、パッキンビス類交換、その他点検、点検後6ヶ月の
保証が主なサービス内容になります。このコースでは例えば部品の
交換が必要になった場合には交換部品の費用の50%を負担させていただきます。

 

セイフティーコースは年に1度定期的に整備を行います。
こちらはいわゆる一般的な保守点検となっています。
サービス内容としてはベーシックコースに加えて不良部品の交換が加わり、
交換の必要な部品がある場合には無償で交換させていただきます。
ただし、一部部品は除きます。

 

プラチナコースは年に1度定期的に整備を行います。
こちらもいわゆる一般的な保守点検となっています。
サービス内容としてはセーフティーコースに加えて不良部品の交換が加わり、
交換の必要な部品がある場合には無償で交換させていただきます。
ここでは、すべての部品が該当します。

 

保守点検サービスのご加入は階段昇降機設置後すぐからでも可能です。
ご不明な点は福祉スタジオまでお問い合わせください。
本日はこれで以上です。最後まで読んでいただいてありがとうございます。
福祉スタジオ東京営業所新原


階段昇降機、段差解消機の違い

投稿日:2015年 12月 1日

こんにちは、階段昇降機の福祉スタジオ東京営業所新原です。
本日はとても暑い冬の日になりました。
朝晩は冷え込みますので外出時はお気をつけください。
今日のブログは階段昇降機段差解消機の違いについて
書きたいと思います。この2つは同じ介護用の設備機器でありながら、
よく混同される機器です。

 

階段昇降機は、本来はいす式階段昇降機、
車いす式階段昇降機などといったように上り下りする部分が
椅子なのかそれとも車椅子を載せるのか等によって名称が変わってくる、
階段を斜め方向に移動する設備機器の総称になります。
段差解消機は主にエントランスや玄関の上がり框や段差を
解消するための垂直方向の移動する設備機器の総称になります。
垂直方向は段差解消機、斜め方向は階段昇降機となっております。
ちなみに水平方向の移動には天井走行リフトと言う設備機器も
ご用意がありますのでそちらもあわせてご検討ください。

 

階段昇降機も、段差解消機も、そして天井走行リフトもまだまだ
日本国内では名称として十分に一般化してるとは言い難く、
特に段差解消機、階段昇降機については名称が混同されやすくなっています。
似たような名称ではありますが、介護保険の取り扱いも異なり、

 

段差解消機は介護保険での貸与が可能ですが、階段昇降機は、
介護保険での貸与が不可能となっています。
そのため段差解消機は、介護保険の貸与を利用される方が多く、
購入と貸与が別れる設備機器です。

 

階段昇降機は、介護保険の利用ができないため、
多くの場合購入になる傾向にあります。介護保険貸与は利用できませんが、
各販売店が行っているレンタルサービスを利用することが可能で、
設備の使用や金額に応じて選定されるとよろしいかと思います。

 

価格につきましては階段昇降機も段差解消機もとに
おおむね50万円からとなっております。
階段昇降機は、階段の段数、曲がり角が増えるに連れて価格が上がっていきます。
段差解消機は、垂直方向の移動高さが高くなるほど価格が上がっていきます。
階段昇降機、段差解消機朝にメーカーや販売店機種によって価格は大きく変わります。
また設置条件につきましても価格が変わりますので現地調査をされると
より正しい価格が分かるのでオススメです。現地調査、
見積もりまでは無料で承っておりますので、
いつでもお気軽に福祉スタジオまでご連絡ください。

 

本日は階段昇降機段差解消機の違いについてブログを書かせていただきました。
本日はこれで以上です。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

福祉スタジオ東京営業所新原


1 2 3 4 5 6 7 8

このページの先頭へ