ブログ

第23回 「 介護をもっと楽にするための方法は? 」
~④重症心身障害者のエピソード~

投稿日:2014年 4月 21日

こんにちは!

 
先週の都内は半そでで過ごせる日もあったかと思えば、上着が必要な日があったりと、
三寒四温とは言わないまでも気温の落差にはまだまだ気をつけたい日が続きますね。
特にご高齢の方につきましては温度変化が健康や日常生活に及ぼす影響は思いのほか大きいのでご注意頂きたいと思います。

 
消費税増税の影響もだいぶ落ち着きをみせているようです。
当社も消費税増税へ移行済ですが、4月をまたぐあたりは消費税について何日までに申し込めば5%でできるのか等、さまざまなお問い合わせを頂きました。
ただ、階段昇降機に限っては増税前も後もかわらずたくさんのお問い合わせを頂けています。
現在もさらにスピーディにお見積り、設置工事をできる体制でお問い合わせに対応していますので、お気軽にお問い合わせ下さい!

 
それではここからが本題です!

 
-重症心身障害者 在宅に負担 -

 
読売新聞様の医療サイトの記事に当社の取り扱う天井走行リフトについての関連記事がありましたのでご紹介したいと思います。

 
あるご利用者様は心身共に重度の障がいをお持ちで、移動範囲は極めて狭い状況です。
食事、入浴などほぼすべての行為に介助が必要です。
そのため、トイレへの移動などは天井走行リフトを使用していらっしゃいます。

 
これは重症心身障害者の通所についての記事ですが、
特養と同じく、重症児者の入所施設もほぼ満床で、在宅比率はさらに上がることが予想されます。

 
当社の取りつかう商品は、
階段昇降機は主に「ご高齢の方」、
天井走行リフトは主に「障がいをお持ちの方」
にご利用頂いています。

 
そして、ご高齢の方、障がいをお持ちの方共に在宅介護の比率が上がる傾向にあります。
階段昇降機や天井走行リフトはあくまで介護生活をサポートする設備にすぎませんが、
介護負担や不安が大幅に軽減するのは事実です。

 
不可避な介護は少しでも楽に。

 
障がいをお持ちの方、介護を必要とするすべての方、介護を行うご家族や配偶者様、
減らせる介護負担は専用設備(階段昇降機、天井走行リフトなど)でどんどん減らして、
楽しく、前向きな介護生活をお願いしたいとおもいます。

 

スライド1

 
本日の投稿は読売新聞様の医療サイトyomiDrの記事を引用させて頂きました。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=95261
本日の投稿はこれで以上になります。
本日もブログを読んで頂きありがとうございます!

 
福祉スタジオ東京営業所 新原
(お問合せは 「階段昇降機の福祉スタジオ」フリーダイヤル 0120-360-730 まで!)

 

 

スライド2


このページの先頭へ